【毎日更新】気になる銘柄

メルカリ

今日はAmazonについて調べていて、、、

この会社は2015年ごろまで純利益がマイナスでした。

ただ、売上高は常に上昇し続けていました。

そういう会社を最近、日本の銘柄で見た気がしたので思い返してみると、

それがメルカリでした。

Amazonの場合は純利益がマイナスからプラスに転じた後も順調に売上高、純利益、株価ともに、

上昇し続けました。

メルカリはちょうど純利益がマイナスからプラスに変わる転換点にあり、

直近四半期決算ではプラスに転じました。

直近決算でプラスになったのが中身の伴った上昇であったのか

10月29日の四半期決算ではっきりすると思います。

今の状況から今後成長する見込みがあるのか分析する時に初めに大事なのが

セグメント別においての業績分析です。

セグメント別に分けると、

・メルカリJP

・メルペイ

・メルカリUS

に分けられます。

決算説明資料を見てみると、メルカリJPとメルカリUSは黒字で

メルペイのみ赤字だと思われます。

連結においては直近四半期で黒字化に成功しているのと

それぞれのセグメントにおいて利用者が増加傾向にあるのを鑑みると、

順調なのではないかと思います。

メルペイの性質を考えるとメルカリ内の支払いとの連携において大きな力を発揮するので

今が赤字でも他2つのセグメントが順調なら問題ないと考えます。

日本国内ではある程度の成功を収めたメルカリが今後成長するために必要なこととしては

米国におけるメルカリの認知だと思います。

メルカリUSは直近四半期で初めての黒字化を果たしこれから伸ばしていこうという段階です。

メルカリUSにおけるアクティブユーザー数は461万人です。

アメリカの人口が2億人超と考えるとまだまだ成長の幅はあると考えられます。

アメリカにおける戦略はどういったところにあるのかを明日以降で調べていこうと思います。

-【毎日更新】気になる銘柄

© 2021 シラべる