初めての株式投資

証券口座と銀行口座の違いって何?

はじめに

投資初心者にとって口座と聞けば銀行というイメージがある方がいると思ったので

今回記事にしてみました。

少しでも参考にしていただければと思います。

証券口座とは

端的に言うと、証券会社の中でお金を管理するための場所だと思っていただければと思います。

もちろん、いつでもお金を引き出すことが出来ますし

入金することも出来ます。

そして、証券口座なので、入金している資金で株式投資を行うことが出来ます!

証券口座と銀行口座の違い

一方で銀行口座では別口座に振込を行うことが出来ますが、、、

証券口座では振込は行えません。

また、入出金は銀行口座の場合、ATM等でお金を引き出すことが出来ますが、、、

証券口座では銀行口座に出金(振替)した後でないとお金は引き出せません。

そして、銀行の場合、お金を預けるだけで金利が付き、いくらかお金が増えると思いますが、、、

証券会社の場合は金利でお金が増えることはありません。

まとめ

証券口座で出来ることは

・入出金(登録された銀行口座に対してのみ、ATMは不可)

・株式投資

です。

ややこしくなってしまいましたが、

一つ確実なことは

証券口座は証券会社のためのもの

銀行口座は銀行のためのものということです。

株式投資を行うためには証券口座が必要となります。

無料で開くことが出来ますので気軽にやってみて下さい!

-初めての株式投資

© 2021 シラべる